Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密文書処理サービスで書類をダンボールごと紛失 - ヤマト運輸

ヤマト運輸は、機密文書の廃棄処理サービス「クロネコヤマトの機密文書リサイクルサービス」で受託したダンボール1箱を紛失したことを明らかにした。個人情報を記載した書類が含まれていたという。

紛失したダンボールは、6月11日にJTBトラベランド広島アルパーク店より広島市内の井口明神宅急便センターで受託したもの。JTBトラベランドが2006年に扱った旅行申込書1779件が含まれており、申込書には利用者の個人情報などが記載されていた。溶解処理工場の窓口である北九州物流システム支店に到着していないことが6月14日に判明した。

その後調査を実施したが発見できず、6月28日にJTBトラベランドへ事故を報告。ヤマト運輸では、紛失に加え、事故報告の遅れについて謝罪した。

ヤマト運輸では引き続き紛失したダンボールの探索を行っている。また荷物内に情報が含まれていた関係者に対して、JTBトラベランドと共同で個別に謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2007/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも