Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密文書処理サービスで書類をダンボールごと紛失 - ヤマト運輸

ヤマト運輸は、機密文書の廃棄処理サービス「クロネコヤマトの機密文書リサイクルサービス」で受託したダンボール1箱を紛失したことを明らかにした。個人情報を記載した書類が含まれていたという。

紛失したダンボールは、6月11日にJTBトラベランド広島アルパーク店より広島市内の井口明神宅急便センターで受託したもの。JTBトラベランドが2006年に扱った旅行申込書1779件が含まれており、申込書には利用者の個人情報などが記載されていた。溶解処理工場の窓口である北九州物流システム支店に到着していないことが6月14日に判明した。

その後調査を実施したが発見できず、6月28日にJTBトラベランドへ事故を報告。ヤマト運輸では、紛失に加え、事故報告の遅れについて謝罪した。

ヤマト運輸では引き続き紛失したダンボールの探索を行っている。また荷物内に情報が含まれていた関係者に対して、JTBトラベランドと共同で個別に謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2007/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生