Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークンの「AntiMalware」が50種以上のメッセンジャーを検知可能に

アークンは、総合マルウェア対策ソフト「AntiMalware v5」に、メッセンジャー対策機能を追加、7月2日より提供する。また同日より、法人向けASPサービスについても新バージョンを提供開始する。

同製品は、ウイルスやスパイウェアはもちろん、ファイル交換ソフト、キーロガーなど、業務利用で問題となる可能性が高い「グレーツール」の検知や削除にも対応した総合マルウェア対策ソフト。

今回の機能強化では、グレーツールとしてメッセンジャーを検知する機能があらたに追加した。MSNメッセンジャーやYahoo!メッセンジャーなど、50種以上のメッセンジャーに対応する。

また法人向けASPサービス「AntiMalware-ASP」の新バージョンを開始する。「AntiMalware v5」のASP版で、露Kasperskyのウイルスデータベースやクライアント管理ツール「AntiMalware Manager」を搭載。参考価格は、10クライアントで3カ月の利用料が1万5750円となっている。

(Security NEXT - 2007/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県議会選挙関連の情報含む資料を誤ファックス - 長野県
メール誤送信でコンテスト応募者のメアド流出 - 公募ガイド
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
個人情報管理サービス「Lifebear」のアカウント情報が流出 - 不正アクセスの可能性
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂
「Firefox 66」がリリース - 脆弱性21件を修正
iOS向けバイト情報アプリ「an」の旧版に脆弱性
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
中学校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 尾道市
再エネ事業者への出力制御指示メールが迷惑判定で未達に - 九電