Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークンの「AntiMalware」が50種以上のメッセンジャーを検知可能に

アークンは、総合マルウェア対策ソフト「AntiMalware v5」に、メッセンジャー対策機能を追加、7月2日より提供する。また同日より、法人向けASPサービスについても新バージョンを提供開始する。

同製品は、ウイルスやスパイウェアはもちろん、ファイル交換ソフト、キーロガーなど、業務利用で問題となる可能性が高い「グレーツール」の検知や削除にも対応した総合マルウェア対策ソフト。

今回の機能強化では、グレーツールとしてメッセンジャーを検知する機能があらたに追加した。MSNメッセンジャーやYahoo!メッセンジャーなど、50種以上のメッセンジャーに対応する。

また法人向けASPサービス「AntiMalware-ASP」の新バージョンを開始する。「AntiMalware v5」のASP版で、露Kasperskyのウイルスデータベースやクライアント管理ツール「AntiMalware Manager」を搭載。参考価格は、10クライアントで3カ月の利用料が1万5750円となっている。

(Security NEXT - 2007/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ