Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セイコーエプソン、印刷物の取り違え防止やログ管理ソフトを発売

セイコーエプソンは、認証やログ管理など、印刷時の情報漏洩を防ぐ製品を、7月下旬より順次発売する。

7月下旬に発売する「Offirio SynergyWare 認証プロキシ」は、Active Directoryと連携することでプリント時のユーザー認証を実現するソフトウェア。受け取りに認証が必要となるため、他の書類へ紛れ込んだり、取り間違いなどを防止することができる。

またオプションとして、シンクライアント環境における認証印刷を実現するシステムや指静脈認証装置を組み合わせた生体認証印刷システムを8月上旬にリリースする予定。

印刷管理ソフトウェア「Offirio SynergyWare PrintDirector」は、印刷履歴として収集し、管理するセキュリティソリューション。8月上旬に発売を予定している。印刷を行ったユーザー、時間、印刷物など記録できる。複数プリンタの履歴をネットワーク上で一元管理可能。また印刷枚数の制限機能やレポート機能も搭載した。

(Security NEXT - 2007/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性