Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向け無償セキュリティ診断サービスがスタート

マイクロソフト、ラック、クロス・カルチャーの3者は、全国の自治体を対象に「自治体セキュリティ診断プログラム」の無償提供を開始した。

同プログラムは、総務省の情報セキュリティに関する各ガイドラインに基づき、自治体におけるセキュリティ対策状況を診断するもの。

「セキュリティに対する意識調査」と「PCの実機診断」で構成され、ASPサービスとして、クロス・カルチャーが運営する自治体ドットコムを通じて無償で提供される。診断サービスはラックが、プログラムの設計はマイクロソフトが担当した。

同プログラムでは、職員が全37項目の「セキュリティに対する意識調査」アンケートに回答している間、自動診断ツールにより端末の診断が行われる。評価項目は「物理的セキュリティ」、「人的セキュリティ」、「技術的セキュリティ」、「運用」の4区分11項目に分かれ、5段階の評価結果や代表的な脆弱性のリスト、ほかの自治体との比較、問題点への対策ポイントなどのレポートが提出される。

(Security NEXT - 2007/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消