Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野村証券、オンライントレードにワンタイムパスワードを導入

野村證券は、オンライントレードサービス「ほっとダイレクト部」に野村総合研究所と日本ベリサインのワンタイムパスワード認証システムを採用し、8月上旬より導入する。

今回のシステム導入により、同サービスでは、従来のユーザーIDやパスワードにくわえ、ワンタイムパスワードによる認証を実施し、より安全な接続環境を提供する。また同サービスのコールセンターにおける本人確認にも利用する。

今回採用されたシステムは、マルチデバイス対応となっており、携帯電話上のアプリケーションやハードウェアトークンを利用できる。同社によれば、リテール向けのオンライントレードサービスでマルチデバイスに対応したワンタイムパスワードシステムの導入は国内初だという。

(Security NEXT - 2007/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付