Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、5月の更新プログラム7件を公開 - 深刻度はすべて「緊急」

マイクロソフトは、5月のセキュリティ更新プログラムを公開した。7件すべてが深刻度「緊急」となっている。また「悪意あるソフトウェアの削除ツール」も更新された。

今回公開された7件のうち、2件がWindowsに関する脆弱性で、WindowsのDNSにおけるRPCインターフェイスの脆弱性やIEの問題を解決するもの。

またWordをはじめとするOfficeに関するものが3件、Exchangeに関するものが1件、CAPICOMに関するものが1件となっている。Wordの脆弱性については、2月にアドバイザリが公開され、3月に更新プログラムをリリースを予定していたが、品質確保に時間がかかり今月にずれ込んだ。

いずれも、不正プログラムが埋め込まれたサイトを閲覧したり、メールに添付された不正な文書を開くと攻撃を受け、リモートでコードが実行されるおそれがある。深刻度はすべて「緊急」。

同社セキュリティチームによれば、今回提供を開始したDNSのパッチについては、既知の問題を抱えた上でも緊急リリースをするべきか、被害の拡大状況などを日々観測しながら検討を続けてきたが、今回の定例更新による提供になったという。

2007年5月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-may.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
「livedoor ID」に対して大規模な不正ログイン試行
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起