Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報786件やネットワーク設定情報がWinny流出 - 鹿児島リコー

鹿児島リコーは、同社顧客情報がWinny上へ流出した問題で、詳細を明らかにした。

同社顧客である鹿児島県警や鹿児島県庁などのパソコン設定情報などがWinnyネットワーク上へ流出したとして、先週末に一部メディアが報道したことから、同社では事件の詳細について調査を進めていた。

同社によれば、同社従業員が無断で個人所有のパソコンにバックアップ目的でデータをコピー、持ち出していたことが判明したという。私有パソコンにはWinnyがインストールされており、ウイルスに感染したことから情報が漏洩した。

個人情報786件のほか、パソコンやネットワークの設定など業務上の情報も合わせて流出しており、同社では関係者に謝罪、個別に対応を進めるという。

(Security NEXT - 2007/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町