Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府、職員1万4000名の個人情報がホームページ上で一時閲覧可能に

大阪府は、4月18日に同府職員の氏名や生年月日、住所の市町村名など1万4000件がホームページ上で一時閲覧できる状態になったと発表した。

同府によれば、同日午後2時に同府高齢介護室介護支援課の職員が報道資料を公開する際、報道資料と誤って個人情報が記載されたファイルを公開してしまったという。

公開されたのは、知事部局や議会事務局、教育委員会事務局ほか、10部局における2006年9月19日当時の事務分担表。氏名や生年月日、一部住所のほか、採用年月や役職、学歴など約1万4000名分の個人情報が含まれていた。

午後2時30分ごろに外部より個人情報が閲覧できるとの指摘を受け、事故が判明。問題のデータを削除した上で本来の報道資料を公開した。データへのアクセスは25件が確認されている。

(Security NEXT - 2007/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市