Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Linuxサーバセキュリティ」が64ビット対応 - エフ・セキュア

日本エフ・セキュアは、Linuxサーバ向けの統合型セキュリティソリューション「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」Ver5.51を発売した。

同製品は、ウイルス、スパイウェア対策、ファイアウォール機能、不正侵入防止機能を搭載したLinuxサーバ向けの統合型セキュリティソリューション。集中管理ツール「F-Secureポリシーマネージャ」により、1万システム以上のWindowsおよびLinuxのサーバや端末を一元管理することができる。

今回の最新版では、独立したスパイウェアエンジンの搭載により、リアルタイムでの高精度な検出が可能となった。また、メモリリークによるメモリ領域の減少に対応するなど動作の安定性にも配慮。64ビットディストリビューションへ対応した。

価格は、1サーバ9万2400円。10サーバで7万3500円、100サーバで3万6750円と、ボリュームディスカウントも用意されている。

(Security NEXT - 2007/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも