Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Linuxサーバセキュリティ」が64ビット対応 - エフ・セキュア

日本エフ・セキュアは、Linuxサーバ向けの統合型セキュリティソリューション「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」Ver5.51を発売した。

同製品は、ウイルス、スパイウェア対策、ファイアウォール機能、不正侵入防止機能を搭載したLinuxサーバ向けの統合型セキュリティソリューション。集中管理ツール「F-Secureポリシーマネージャ」により、1万システム以上のWindowsおよびLinuxのサーバや端末を一元管理することができる。

今回の最新版では、独立したスパイウェアエンジンの搭載により、リアルタイムでの高精度な検出が可能となった。また、メモリリークによるメモリ領域の減少に対応するなど動作の安定性にも配慮。64ビットディストリビューションへ対応した。

価格は、1サーバ9万2400円。10サーバで7万3500円、100サーバで3万6750円と、ボリュームディスカウントも用意されている。

(Security NEXT - 2007/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市