Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールやIM内のリンクをチェックして不正サイトへの接続を防止 - 「McAfee SiteAdvisor Plus」

マカフィーは、メールやインスタントメッセージングに含まれるリンクの安全性を確認し、危険なリンクを警告するツール「McAfee SiteAdvisor Plus」を発売した。

同製品は、ウェブサイトの危険度を評価する無償ツール「McAfee SiteAdvisor」の機能を拡張したもの。メールやIMに含まれるリンクをチェックしてユーザーに警告するとともに、危険なサイトへの接続を防止する。

「保護モード」では、ブラウザやメール、IMの実行中にコンピュータが危険なサイトへ接続を試みると、その直前に安全なページへリダイレクトする。また、メールやIMに記載されたリンクを確認して、危険と見なされた場合にはユーザーに警告する「リンクチェッカー」機能を搭載している。

さらにリアルタイムのフィッシング検知機能と独自のデータベースの連携により、個人情報の詐取を目的としたフィッシングサイトを検知して警告する。通常価格は2480円。同社オンラインショップでのキャンペーン価格は1980円となっている。

(Security NEXT - 2007/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか