Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールやIM内のリンクをチェックして不正サイトへの接続を防止 - 「McAfee SiteAdvisor Plus」

マカフィーは、メールやインスタントメッセージングに含まれるリンクの安全性を確認し、危険なリンクを警告するツール「McAfee SiteAdvisor Plus」を発売した。

同製品は、ウェブサイトの危険度を評価する無償ツール「McAfee SiteAdvisor」の機能を拡張したもの。メールやIMに含まれるリンクをチェックしてユーザーに警告するとともに、危険なサイトへの接続を防止する。

「保護モード」では、ブラウザやメール、IMの実行中にコンピュータが危険なサイトへ接続を試みると、その直前に安全なページへリダイレクトする。また、メールやIMに記載されたリンクを確認して、危険と見なされた場合にはユーザーに警告する「リンクチェッカー」機能を搭載している。

さらにリアルタイムのフィッシング検知機能と独自のデータベースの連携により、個人情報の詐取を目的としたフィッシングサイトを検知して警告する。通常価格は2480円。同社オンラインショップでのキャンペーン価格は1980円となっている。

(Security NEXT - 2007/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA