Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの安全性を確認するソフトのダウンロード件数が3800万件を突破 - McAfee

米McAfeeは、検索したウェブサイトの危険度などを表示する「McAfee SiteAdvisor」のダウンロード件数が3800万件を突破したと発表した。

同ツールは、ウェブの安全確認が行えるブラウザのプラグインで、同社製品へのバンドルしているほか、同社ウェブサイトから無償で提供している。GoogleやYahoo!などの検索結果を表示する際、同社が実施した安全性テストの結果をもとに、青や黄色、赤によってウェブサイトの危険度をグラフィカルに表示できる。

さらに危険がある場合は、スパイウェアの感染やスパム送信など具体的な問題内容をチェックすることが可能。同社によれば、3800万件のダウンロードを突破。コンシューマビジネス担当副社長のTim Dowling氏によれば、現在同サービスでは1日あたり約3億2000万回の評価を提供しているという。

(Security NEXT - 2007/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず