Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客になりすました「ボイスワープ」申込が発生 - NTT騙り転送設定まで指示

電話転送サービス「ボイスワープ」へ契約者になりすました第三者による虚偽申込が発生している。NTT東西では、対抗策を実施するとともにユーザーへの注意喚起を行っている。

同サービスは、かかってきた電話を予め指定した番号へ転送するサービス。2月19日時点で、NTT東日本では、今年1月以降、契約者になりすました虚偽の申し込みが25件発生していたことが確認された。また西日本では、今年2月以降3件が確認されている。

そのうち東日本の2件および西日本の1件は、虚偽申込による同サービスの開通後、被害者である契約者に第三者がNTTを名乗って電話をし、故障修理の名目で第三者が指定した転送先電話番号を登録させていたという。

両社は対策として、すでに同サービスを利用している全ユーザーに対し改めて契約内容の確認をするとともに、サービスの申込時における本人確認を実施するとしている。また、NTTを名乗る不審な電話や契約した覚えのないサービスの請求書などが届いた場合には、早急に問い合わせるよう求めている。

(Security NEXT - 2007/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避