Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、Winny流出ファイルの拡散を阻止するサービス

ネットエージェントは、Winnyネットワーク上に流出したファイルの拡散を防ぐ「Winnyファイル拡散防止サービス」の提供を開始する。

同サービスは、同社が開発した「Winnyファイル拡散防止システム」を利用し、Winnyネットワーク上に流出した業務情報や顧客情報などの拡散を防止するもの。同システムでは、偽りのファイル情報を記載した「駆除キー情報」をWinnyネットワーク上に大量に拡散させ、流出したファイルの「ファイルキー情報」を上書きしてしまうことで、ネットワークからノードへのダウンロードを阻止する。

同社によれば、駆除キー情報を流し始めてから約3時間後には、流出ファイルのファイルキー情報がほとんど消え、サービス実施後のダウンロード成功率が約1/100から1/1000以下に低下したという。

同社では、2月13日から17日までの5日間、同サービスの公開実験を実施。実験では、同社が用意したファイルをWinnyネットワーク上に流し、同ファイルに対してシステムを稼働させるもので、同社ではファイル名、サイズ、ファイルハッシュを公開している。

(Security NEXT - 2007/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に