Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、Winny流出ファイルの拡散を阻止するサービス

ネットエージェントは、Winnyネットワーク上に流出したファイルの拡散を防ぐ「Winnyファイル拡散防止サービス」の提供を開始する。

同サービスは、同社が開発した「Winnyファイル拡散防止システム」を利用し、Winnyネットワーク上に流出した業務情報や顧客情報などの拡散を防止するもの。同システムでは、偽りのファイル情報を記載した「駆除キー情報」をWinnyネットワーク上に大量に拡散させ、流出したファイルの「ファイルキー情報」を上書きしてしまうことで、ネットワークからノードへのダウンロードを阻止する。

同社によれば、駆除キー情報を流し始めてから約3時間後には、流出ファイルのファイルキー情報がほとんど消え、サービス実施後のダウンロード成功率が約1/100から1/1000以下に低下したという。

同社では、2月13日から17日までの5日間、同サービスの公開実験を実施。実験では、同社が用意したファイルをWinnyネットワーク上に流し、同ファイルに対してシステムを稼働させるもので、同社ではファイル名、サイズ、ファイルハッシュを公開している。

(Security NEXT - 2007/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ