Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフー、ログイン履歴の表示でIDの不正使用を早期発見

ヤフーは、Yahoo! Japan IDによるログイン履歴の表示を開始した。履歴は日時だけでなく、利用サービスやIPアドレスも確認できるため、不正ログインの早期発見に活用できる。

今回のサービス強化により、Yahoo! Japanトップページの個人ツールボックスの下部に前回ログインした日時を表示するとともに、ログイン履歴ページにおいて過去60件分の履歴を表示。表示される項目はIDのほか、ログインした日時、利用したサービス、認証形式、IPアドレスなど。

履歴を閲覧して身に覚えのないログインの形跡がないか確認できるため、詐取されたIDによる不正ログインを早期発見し、被害の拡大を防止することができる。不審なログインへの対処法は、ヘルプページに掲載されている。

(Security NEXT - 2007/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か