Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年賀状を偽装したウイルスが大流行 - ソフォスレポート

ソフォスは、2006年12月の「トップ10ウイルス」を発表した。

発表によれば、12月に利用されたメールのうちウイルスメールは0.30%で、先月の0.28%よりわずかに増加した。

トップにランクインした「Dref」は、メールの添付ファイルによって感染を広げるもので、2005年7月に検知されたウイルスだが、新年の挨拶を装った亜種の「Dref-V」が12月30日に登場した。

他社では「Nuwar」と呼ばれることもあるこのウイルスは、翌日には流通する感染メールの93.7%を占めるほど爆発的に流行。最終的には12月の全検知数の35.2%を占め、ランキングのトップを記録している。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

1位:Dref
2位:Netsky
3位:Mytob
4位:Stratio
5位:Bagle
6位:Zafi
7位:MyDoom
8位:Sality
9位:Nyxem
10位:StraDl

(Security NEXT - 2007/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催