Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年賀状を偽装したウイルスが大流行 - ソフォスレポート

ソフォスは、2006年12月の「トップ10ウイルス」を発表した。

発表によれば、12月に利用されたメールのうちウイルスメールは0.30%で、先月の0.28%よりわずかに増加した。

トップにランクインした「Dref」は、メールの添付ファイルによって感染を広げるもので、2005年7月に検知されたウイルスだが、新年の挨拶を装った亜種の「Dref-V」が12月30日に登場した。

他社では「Nuwar」と呼ばれることもあるこのウイルスは、翌日には流通する感染メールの93.7%を占めるほど爆発的に流行。最終的には12月の全検知数の35.2%を占め、ランキングのトップを記録している。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

1位:Dref
2位:Netsky
3位:Mytob
4位:Stratio
5位:Bagle
6位:Zafi
7位:MyDoom
8位:Sality
9位:Nyxem
10位:StraDl

(Security NEXT - 2007/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意