Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「リクナビ」の取材資料がWinny流出 - リクルート

リクルートは、学生向けに就職情報を配信するウェブサイト「リクナビ2003」「リクナビ2005」「リクナビ2006」「リクナビ2007」のコンテンツを作成する上で利用した資料がWinnyによって外部へ流出したことを公表した。

漏洩したのは、企業の採用情報の「先輩の仕事情報」コーナーのコンテンツを制作する上で利用した原稿やメモなど。業務委託を行ったスタッフの所有するパソコンにWinnyがインストールされており、暴露ウイルスに感染していたことから漏洩した。

取材した企業担当者の氏名や部署、経歴、年収、企業関連情報など取材で入手した個人情報3113人分が含まれる。同社によれば、流出した取材資料は、いずれも同サイト上で公開することを前提としたものだったという。同社では事故を受け、関係者に対して直接連絡し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市