Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「リクナビ」の取材資料がWinny流出 - リクルート

リクルートは、学生向けに就職情報を配信するウェブサイト「リクナビ2003」「リクナビ2005」「リクナビ2006」「リクナビ2007」のコンテンツを作成する上で利用した資料がWinnyによって外部へ流出したことを公表した。

漏洩したのは、企業の採用情報の「先輩の仕事情報」コーナーのコンテンツを制作する上で利用した原稿やメモなど。業務委託を行ったスタッフの所有するパソコンにWinnyがインストールされており、暴露ウイルスに感染していたことから漏洩した。

取材した企業担当者の氏名や部署、経歴、年収、企業関連情報など取材で入手した個人情報3113人分が含まれる。同社によれば、流出した取材資料は、いずれも同サイト上で公開することを前提としたものだったという。同社では事故を受け、関係者に対して直接連絡し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開