Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さくらインターネット、バリオ「VSR」を採用したホスティングサービスを展開

さくらインターネットは、セキュリティサービスなども盛り込んだ法人向け新サービス「専用サーバPlatform」を2007年1月より提供開始する。

同サービスでは、データセンターにて最大20台までの専用サーバ、ネットワーク機器を設置し、柔軟なシステム構成を利用できる専用サーバサービス。利用目的や規模に応じて、「基本プラン」「サーバ・ネットワーク機器レンタルプラン」「運用・保守サービス」の3種を自由に組み合わせて利用することができる。

「ネットワーク機器レンタルプラン」では、バリオセキュア・ネットワークスのセキュリティアプライアンス「VSR」を採用。これによりファイアウォールや不正侵入検知、自動防御、VPN、ウイルス対策といった複数のセキュリティ機能が1台のアプライアンスで利用できる。

(Security NEXT - 2006/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響
MS Dynamics 365 Finance and Operationsに深刻な脆弱性
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開