Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語対応アドウェアが蔓延 - ウェブルートのスパイウェアトップ10

ウェブルート・ソフトウェアは、11月度のスパイウェアトップ10を発表した。同社検索ツール「Spy Audit」により検出したスパイウェアの情報をまとめたもの。

アドウェアで1位となったのは、「CnsMin」は、一部で配布されている日本語検索ツールに利用され、多く検知された。ウイルスが感染しているかのように偽るアドウェア「SystemDoctor 2006」が続いた。同様のソフトウェアとして「DriveCleaner 2006」が6位にランクインしている。いずれも日本語へローカライズされており、日本での検出率が高いという。

トロイの木馬では、上位に目立った動きはないものの、10月に発見された「Trojan Backdoor FlyYu」が4位に登場している。同社が発表したマルウェア別のトップ10は以下のとおり。

アドウェア

1位:CnsMin
2位:System Doctor 2006
3位:GAIN
4位:WhenU SaveNow
5位:180search Assistant/Zango
6位:DriveCleaner
7位:SearchTool
8位:WhenU
9位:TrafficSolution
10位:WhenU Save

トロイの木馬

1位:Trojan-Downloader-Zlob
2位:Trojan Hachilem
3位:Trojan-Downloader-Ruin
4位:Trojan Backdoor FlyYu
5位:Trojan Downloader Matcash
6位:Trojan Agent Winlogonhook
7位:Trojan DNSChanger
8位:UkVideo
9位:Lzio
10位:Trojan Rbot

システムモニタ

1位:Sc-Keylog
2位:Sword Keylogger
3位:Skin98
4位:Win-Spy Monitor
5位:Active Keylogger
6位:ChatWatch
7位:IsMyMateCheatingOnline Pro
8位:Trojan Keylogger Lineage
9位: 該当無し
10位:該当無し

(Security NEXT - 2006/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA