Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語対応アドウェアが蔓延 - ウェブルートのスパイウェアトップ10

ウェブルート・ソフトウェアは、11月度のスパイウェアトップ10を発表した。同社検索ツール「Spy Audit」により検出したスパイウェアの情報をまとめたもの。

アドウェアで1位となったのは、「CnsMin」は、一部で配布されている日本語検索ツールに利用され、多く検知された。ウイルスが感染しているかのように偽るアドウェア「SystemDoctor 2006」が続いた。同様のソフトウェアとして「DriveCleaner 2006」が6位にランクインしている。いずれも日本語へローカライズされており、日本での検出率が高いという。

トロイの木馬では、上位に目立った動きはないものの、10月に発見された「Trojan Backdoor FlyYu」が4位に登場している。同社が発表したマルウェア別のトップ10は以下のとおり。

アドウェア

1位:CnsMin
2位:System Doctor 2006
3位:GAIN
4位:WhenU SaveNow
5位:180search Assistant/Zango
6位:DriveCleaner
7位:SearchTool
8位:WhenU
9位:TrafficSolution
10位:WhenU Save

トロイの木馬

1位:Trojan-Downloader-Zlob
2位:Trojan Hachilem
3位:Trojan-Downloader-Ruin
4位:Trojan Backdoor FlyYu
5位:Trojan Downloader Matcash
6位:Trojan Agent Winlogonhook
7位:Trojan DNSChanger
8位:UkVideo
9位:Lzio
10位:Trojan Rbot

システムモニタ

1位:Sc-Keylog
2位:Sword Keylogger
3位:Skin98
4位:Win-Spy Monitor
5位:Active Keylogger
6位:ChatWatch
7位:IsMyMateCheatingOnline Pro
8位:Trojan Keylogger Lineage
9位: 該当無し
10位:該当無し

(Security NEXT - 2006/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正