Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

島根銀行、顧客情報2万7387件を紛失 - 虚偽報告も明らかに

島根銀行は、顧客情報計2万7387件を含む内部資料や帳票などの紛失が明らかになったと発表した。

今回の紛失事故は、8月から9月にかけて実施した自主点検の結果、判明したもの。実際に今回の調査で判明したのは1653件で、同行が2005年に実施した点検時に判明していた紛失件数も追加されている。同行では、2005年度の紛失件数を所轄官庁に対して紛失件数を22件と報告していたが、実際は34種類2万5734件に及んでいたという。

所在が不明となっているのは、預金残高一覧表や貸出金残高明細書など電算還元資料16種、その他帳票11種、その他個別資料など10種で、合計2万7387件の顧客情報が記載されていた。顧客名、口座番号、預金残高などが含まれており、一部資料には住所や電話番号も含まれる。

今回の原因について、他の不用書類とともに誤って廃棄処理された可能性が高いと結論付けている。

(Security NEXT - 2006/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料