Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

島根県のサーバが不正アクセスで障害 - 個人情報流出の可能性も

島根県の中山間地域研究センターが利用するウェブサーバが不正アクセスを受け、ダウンしたことがわかった。サーバ内に保存された個人情報が流出したおそれもあるという。

島根県の同発表によれば、11月6日午前9時に障害が発生したのを受け、同日午後1時にサーバを停止。8日になって障害の原因が、不正アクセスによるものだと判明したという。

サーバには個人情報が保存されており、「研修・図書管理システム」の利用者1934件、「おいしさ満載ネット」の利用者1098件、「エコロジー農産物推奨PRシステム」の利用者1077件、「参加型マップシステム」の利用者946件など、7つのシステムに登録された個人情報合計6065件が漏洩した可能性があるという。これら個人情報には、氏名、住所、電話番号などが含まれていた。

登録された利用者の個人情報が流出した可能性もあるため、該当する利用者に連絡したという。同センターでは、不正アクセス対策を強化して安全が確認した上でホームページを再開するとしている。

(Security NEXT - 2006/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応