Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東電が顧客情報約21万件を紛失 - 誤廃棄の可能性

東京電力が、川崎市内にある同社営業センターにおいて約21万件の顧客情報が記載されたリストが所在不明となっていることがわかった。

所在不明となっているのは、川崎市多摩区および麻生区に居住する顧客約21万名分の過去の契約情報を記録したフィルム。氏名、住所、電話番号、口座番号、請求金額などが含まれているという。11月10日に紛失が発覚し、紛失届を提出したという。

同社では、11月6日に不用書類として廃棄された可能性が高いと結論付けている。同社では窓口を設置して、顧客からの問い合わせに対応するとしている。

(Security NEXT - 2006/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ