Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

空知信金、顧客情報含む伝票紛失事故2件が判明

空知信用金庫の本店および厚別支店において、顧客情報が記載された伝票の紛失が明らかになった。

本店で紛失が判明したのは、2000年4月から7月の間に取り扱った伝票5万2028枚。記載されている顧客数は延べ6万1239名で、氏名、住所、口座番号、取引金額などが含まれる。2004年に本部書庫へ移送した際、誤って廃棄物保存場所に混入し、そのまま処分したとしている。

また厚別支店では、1997年2月10日に受け付けた伝票387枚の紛失が判明した。記載されている顧客数は延べ498名で、氏名、住所、口座番号、取引金額が記載されている。本部書庫に保管されていたが、同支店が一時借り出した記録があるのみで、紛失の原因と思われる行為は発見できなかったという。

紛失した伝票の取引内容に関する問い合わせには、他に保存してあるデータを照合して対応する。今後は、顧客情報の管理徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催