Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖電気、FWやIDSとの連携機能を実現したトラフィック監視システム

沖電気工業は、ファイアウォールやIDSなどすでに導入しているセキュリティシステムなどとの連携機能を実現した異常トラフィック監視システム「Secure Traffic Probe Ver2.5」を発売する。

同製品は、社内ネットワークをリアルタイムに監視して状況の保存や解析を行えるセキュリティソリューション。今回追加された外部セキュリティシステム連携機能により、ファイアウォールや侵入検知システムなどの外部機器が異常を検知した際のネットワーク状況を保存できるようになった。

また、過去のデータから必要な情報のみを抽出できる事後分析機能や、アラート蓄積データベースから指定した期間のアラートのみを抽出してメールで通知するアラートサマリー機能なども追加された。

(Security NEXT - 2006/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成