Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒35名の個人情報などが車上荒らし被害に - 堺市立小学校

堺市教育委員会は、10月12日に堺市立小学校の教師が車上荒らしに遭い、生徒35名分の個人情報が記載された備忘録などを鞄ごと盗まれたと発表した。

食事するため駐車場へ止めてあった車両内から持ち去られたもの。盗まれた鞄には、同教師が担任の児童35名分の氏名、住所、電話番号、テスト結果が記載された備忘録をはじめ、児童名が記載された学級通信の原稿を含むUSBメモリ、卒業生数名のメールアドレスが登録された携帯電話が入っていた。

同校では該当する生徒の保護者宛てに謝罪の書面を送付するとともに、家庭訪問を行って直接謝罪した。同委員会は全市立学校に対し、個人情報保護について徹底するよう通知するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性