Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすまし防止技術を搭載した無線LAN製品を発売 - T-SS

トリニティーセキュリティーシステムズは、独自のセキュリティ技術を搭載した無線LANアクセスポイント「IPN-W100AP」、無線LAN PCカード「IPN-W100CB」を11月17日より発売する。価格はそれぞれ12万8000円、9800円。

同製品は、IEEE802.11a/b/gに対応した無線LAN製品。SSIDブロードキャスト隠蔽、MACアドレスフィルタリング、WEP、WPA、WPA2へ対応したほか、ワンタイムパスワード相互認証「SAS-2」とAESによる暗号化を組み合わせた同社の独自技術「Identified Private Network」を採用することで、通信の暗号化やなりすましを防止する。

認証IDとパスワードだけで設定できるシンプルな設計で、初期登録を自動的に行う機能も提供することで、設定時のミスも防止できる。

(Security NEXT - 2006/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も