Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベクターの公開ソフトにウイルス感染

オンラインソフトや市販ソフトをウェブサイト上で提供しているベクターは、同社サイトで提供したソフトウェアにウイルスが感染していたと発表した。

同社では、9月27日に社内ネットワークやクライアントPCにウイルスの感染が判明したとして一時ソフトウェアの公開を中止し、調査を進めていた。調査の結果、3986タイトルにウイルスが感染し、9月27日1時から13時30分まで公開されていたことがわかったという。感染タイトルのうち、807タイトルは実際にダウンロードされ、のべ7873回のダウンロードが行われている。(編集部注……同社ではダウンロードされたタイトル数、ダウンロード数を10月4日に下方修正した。)

公開されたソフトウェアに感染していたウイルスは、9月はじめに見つかったもので、セキュリティベンダーにより呼称が異なり、「Win32/Viking.AU」「W32/HLLP.Philis.av」「PE_LOOKED.FV」「W32.Looked.H」などと命名されている。ウイルスは、ネットワーク上の共有フォルダ内にある実行形式のファイルに感染してコードを追加し感染を広げる。

感染した場合は、特定のオンラインゲームのアカウントを盗み出す可能性がある。同社はウイルスに感染したソフトの一覧を公開しており、ウイルスに感染したソフトをダウンロードした場合、至急ウイルス対策を行うようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2006/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト