Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東、ひかり電話の不具合で一部料金返還

NTT東日本は、同社が提供するIP電話サービス「ひかり電話」において一時つながりにくい状況になったことを受け、問題があった期間の一部料金を減算すると発表した。

今回の不具合は、ひかり電話の呼制御を行うサーバのソフトウェアに不具合があり、9月19日に処理が正しく行われない状態が発生したもの。翌20日も19日に発生した不具合の影響でつながりにくい状況になり、同社では、不具合が発生した19日から21日までサーバの負荷を押さえるため、発着信の一部制限などを実施。ひかり電話加入者80万件に影響が出た。

同社によれば、23日にソフトウェアの不具合を解消しているという。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

(Security NEXT - 2006/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起