Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテゴ、Mac OS X Server向けアンチウイルス製品を発売

インテゴ・ジャパンは、Mac OS X Server向けウイルス対策製品「VirusBarrier Server」「VirusBarrier Mail Gateway」を発売する。

「VirusBarrier Server」は、Mac OS X Serverのファイルサーバー上へコピーされるファイルや起動されるファイルを自動でスキャンし、必要に応じて隔離などを行うウイルス対策製品。スキャンのスケジュールを設定することも可能。

一方、「VirusBarrier Mail Gateway」は、Mac OS X Serverのメールサーバを経由するメールによりウイルスの侵入を防ぐセキュリティソリューション。すべてのメールをスキャンし、ウイルスに感染した添付ファイルは隔離する。いずれも管理者に対してログを送信する機能を搭載した。

(Security NEXT - 2006/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

豊洲市場見学会で個人名含むメールを参加者に誤送信
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
PDFビューワ「Foxit Reader 9.1」がリリース - 複数RCE脆弱性を修正
Apple、Mac向けに「Security Update 2018-001」をリリース
「iOS 11.3.1」でUI偽装など脆弱性4件を修正 - Apple
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
セキュリティ対策の情報開示のあり方でパブコメ - 総務省
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ