Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテゴ、Mac OS X Server向けアンチウイルス製品を発売

インテゴ・ジャパンは、Mac OS X Server向けウイルス対策製品「VirusBarrier Server」「VirusBarrier Mail Gateway」を発売する。

「VirusBarrier Server」は、Mac OS X Serverのファイルサーバー上へコピーされるファイルや起動されるファイルを自動でスキャンし、必要に応じて隔離などを行うウイルス対策製品。スキャンのスケジュールを設定することも可能。

一方、「VirusBarrier Mail Gateway」は、Mac OS X Serverのメールサーバを経由するメールによりウイルスの侵入を防ぐセキュリティソリューション。すべてのメールをスキャンし、ウイルスに感染した添付ファイルは隔離する。いずれも管理者に対してログを送信する機能を搭載した。

(Security NEXT - 2006/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化
Apple、特定文字でクラッシュする脆弱性をアップデートで修正
富士ソフト製モバイルルータに脆弱性 - 緩和策の実施を
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
医療連携ネットワークで設定ミス、一部で同意なく閲覧可能に - 香川県
「LINE」装うフィッシング - 「ログイン保護を設置」などとだます
iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響
2017年はフィッシング攻撃数が大幅減 - マルウェアに移行か
セキュリティ質問の再設定に見せかけて情報詐取 - 偽Appleに注意