Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテゴ、Mac OS X Server向けアンチウイルス製品を発売

インテゴ・ジャパンは、Mac OS X Server向けウイルス対策製品「VirusBarrier Server」「VirusBarrier Mail Gateway」を発売する。

「VirusBarrier Server」は、Mac OS X Serverのファイルサーバー上へコピーされるファイルや起動されるファイルを自動でスキャンし、必要に応じて隔離などを行うウイルス対策製品。スキャンのスケジュールを設定することも可能。

一方、「VirusBarrier Mail Gateway」は、Mac OS X Serverのメールサーバを経由するメールによりウイルスの侵入を防ぐセキュリティソリューション。すべてのメールをスキャンし、ウイルスに感染した添付ファイルは隔離する。いずれも管理者に対してログを送信する機能を搭載した。

(Security NEXT - 2006/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動
「Apache Tomcat」にDoS攻撃やMITM攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
偽「Abema TV」に注意 - 個人情報詐取や出演依頼偽装した脅迫など発生
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券
ランサムウェアの感染被害が発生、運行には影響なし - 多摩都市モノレール
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
ルータ認証情報、約7割が初期設定のまま - 44%はファームウェア認知せず