Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテゴ、Mac OS X Server向けアンチウイルス製品を発売

インテゴ・ジャパンは、Mac OS X Server向けウイルス対策製品「VirusBarrier Server」「VirusBarrier Mail Gateway」を発売する。

「VirusBarrier Server」は、Mac OS X Serverのファイルサーバー上へコピーされるファイルや起動されるファイルを自動でスキャンし、必要に応じて隔離などを行うウイルス対策製品。スキャンのスケジュールを設定することも可能。

一方、「VirusBarrier Mail Gateway」は、Mac OS X Serverのメールサーバを経由するメールによりウイルスの侵入を防ぐセキュリティソリューション。すべてのメールをスキャンし、ウイルスに感染した添付ファイルは隔離する。いずれも管理者に対してログを送信する機能を搭載した。

(Security NEXT - 2006/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPressに対する改ざん攻撃、「コード実行」狙いも
国内のオープンリゾルバを踏み台にしたDNS水責め攻撃が再開 - JPCERT/CCが観測
「情報処理安全確保支援士」の初回登録、4000人超が申請
延期となった2月の修正、翌3月の月例更新で対応予定 - MS
個人情報の提供必要なら「IoT家電を使わない」 - 4人に1人
OpenSSLにセキュリティアップデート - 重要度「高」の脆弱性を修正
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ
Adobeのマーケティングツールに2件の脆弱性 - アップデートがリリース
マルウェア検体や痕跡残さない標的型攻撃 - 世界140以上の組織が被害か