Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

簡易保険の顧客情報81件などがWinny流出 - 鹿児島の郵便局

日本郵政公社は、従業員の私用パソコンから、簡易保険の顧客名簿や郵便局職員の個人情報などを含むファイルがWinnyを介して流出したと発表した。

流出したのは、同職員が2003年鹿児島県串良郵便局に勤務していた当時に作成した保険料払込団体代表者名簿。団体名、代表者、住所、電話番号など81件が記載されている。また、郵便局職員23名分の氏名および携帯電話番号のほか、業務用のデータについても流出した。

同従業員は、流出原因となったパソコンでWinnyを利用しており、ウイルスに感染したことにより流出したという。該当する顧客に対しては、個別に訪問して謝罪している。

(Security NEXT - 2006/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送