Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の画像や氏名が記録されたデジタルカメラを紛失 - 平塚市民病院

平塚市は、平塚市民病院形成外科の医師が個人で所有するデジタルカメラが盗難に遭ったと発表した。カメラには、患者13名の画像や個人情報などが記録されていたという。

紛失したカメラには、患者13名の皮膚病変などの画像が記録されていた。そのうち4名は顔写真が記録されており、2名の画像には名前、ID番号が、1名の画像には顔写真と名前、ID番号が含まれていた。カメラは、診療専用のものだったが、診療時間の効率化などを目的として私物が用いられていた。

8月2日に外来で紛失したことが判明。索したが発見できなかったため、同日中に盗難届を提出したという。該当する患者に対しは、同医師が電話で説明と謝罪をした。今後は、診療用のカメラは病院で用意して管理を厳重にするなど、再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2006/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP