Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、DION顧客情報流出事件で再発防止策を公表

KDDIは、6月に発覚した同社プロバイダDIONの顧客情報流出事件について再発防止策を公表した。

同社の調査によれば、管理システムに接続された開発、保守用のPCから流出したことがわかったという。外部への流出経路は、現在調査中で警視庁の捜査へ協力しているという。

同社では、再発防止策として、監視カメラや生体認証による入退室管理の強化やICカードの導入といった物理的対策をはじめ、PC利用の制限や電子メールの監視、シンクライアント端末の導入といった技術対策、ISMSや社内教育といった人的セキュリティ対策など今年度内にセキュリティを強化する。

また、監査体制の整備や社内教育など、中長期的な取り組みとして継続的に強化していきたいとしている。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も