Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、DION顧客情報流出事件で再発防止策を公表

KDDIは、6月に発覚した同社プロバイダDIONの顧客情報流出事件について再発防止策を公表した。

同社の調査によれば、管理システムに接続された開発、保守用のPCから流出したことがわかったという。外部への流出経路は、現在調査中で警視庁の捜査へ協力しているという。

同社では、再発防止策として、監視カメラや生体認証による入退室管理の強化やICカードの導入といった物理的対策をはじめ、PC利用の制限や電子メールの監視、シンクライアント端末の導入といった技術対策、ISMSや社内教育といった人的セキュリティ対策など今年度内にセキュリティを強化する。

また、監査体制の整備や社内教育など、中長期的な取り組みとして継続的に強化していきたいとしている。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
耐熱ガラス製品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報やPWが流出か
「コーナンPay」がサービス再開 - 個人情報流出は確認されず
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
委託先に標的型攻撃、電気通信設備の資料が流出か - 国交省
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
「お宅の口座情報を早急に更新してください」 - 「偽Apple」メールが流通