Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指紋認証によりなりすましを防止するタイムレコーダー「SecuTIME Station」

日本セキュアジェネレーションは、指紋認証システムを搭載したタイムレコーダー「SecuTIME Station」を8月1日より発売する。

同社では、ウェブベースの勤怠タイムレコーダーソフト「SecuTIME Keeper」のスタンドアロン版。指紋により本人を確認することで、なりすましなどを防止できるほか、ID、パスワード入力による認証も利用可能。

1000人までの指紋データを登録でき、打刻時間を本体内に記録したデータは、USB接続によりCSVファイル形式でPCへ出力できる。

(Security NEXT - 2006/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス