Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合型セキュリティアプライアンスの出荷は昨年比2.5倍 - IDC調査

IDC Japanは、国内のセキュリティ産業における市場予測を発表した。ソフトウェア市場など対前年比20%増の市場規模拡大を記録した。

同社の発表によれば、2005年の国内セキュリティソフトウェア市場は、前年比21.9%増の1324億円の市場規模となった。今後は、ソフトウェアからアプライアンスやセキュリティサービスへの移行するとして、伸びは緩やかになり、2005年から2010年までの年平均成長率を11.2%と落ち着いてくるという。

2005年のセキュリティアプライアンス市場は、前年比28.0%増の260億円。特に拡大が目立ったのが、統合型アプライアンス市場で2.5倍以上の出荷台数を記録したという。2010年までの年平均成長率は15.2%。セキュリティサービス市場は、前年比15.2%増の4172億円。今後需要の中心が大企業から中堅、中小企業に以降していくのではないかと予測。2010年までの年平均成長率を16.6%と予測している。

市場拡大の原因としては、情報漏洩事件の頻発や個人情報保護法や日本版SOX法の施行などで、企業の社会的責任が重視されるとして2006年以降もより高い成長率になると同社では予測している。

(Security NEXT - 2006/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE