Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

老舗メーラー「Eudora」の最新版が登場 - 誤送信防止機能などを追加

ソニック・ソルーションズは、誤送信防止機能やウェブ検索機能、自動メールボックス整理機能などをあらたに追加したメールソフト「Eudora 7J for Windows」を、7月14日より発売する。

同製品は、迷惑メール振り分け機能や、フィッシング詐欺対策に有効なURLチェッカー機能などが備えたメールソフト。今回発売となる最新版では、メール送信時に事前に登録しておいたアドレスが含まれていた場合に警告を表示する「ウッカリ送信防止機能」が追加された。

また、メールの本文中の言葉をウェブ、辞書、翻訳、地図、DVDレンタルなどのジャンルから検索できる「Web検索機能」や、メールボックスに溜まった古いメールを自動で整理する機能などもあらたに搭載された。価格は、パッケージ版が8379円。ダウンロード版は6090円。

(Security NEXT - 2006/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町