Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPアドレスを秘匿して有害サイトの追跡を防ぐソフト - プロトン

プロトンは、有害サイトからの自己防衛を実現するセキュリティソフト「Steganos Internet Anonym 2006」を、7月28日より発売する。

同製品は、独Steganosが開発したセキュリティソフト。サイトアクセス時に相手のサーバに送られるIPアドレスを、プロクシサーバを利用することで隠すもので、数秒おきにプロクシサーバを切り替えて接続するという。

架空請求やフィッシング詐欺などの不正行為を目的とした有害サイトによるIPアドレスの悪用や、サイト巡回パターンの追跡などを防ぐことができる。

また、SSLを利用するサイトやFTPでも匿名で利用できる機能や、クッキー、インターネットの履歴、メッセンジャーの会話履歴など、200以上の痕跡を抹消する機能も搭載した。価格は6090円。

(Security NEXT - 2006/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
無許諾のイラストを暑中見舞い用素材として提供 - 日本郵便
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性