Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPアドレスを秘匿して有害サイトの追跡を防ぐソフト - プロトン

プロトンは、有害サイトからの自己防衛を実現するセキュリティソフト「Steganos Internet Anonym 2006」を、7月28日より発売する。

同製品は、独Steganosが開発したセキュリティソフト。サイトアクセス時に相手のサーバに送られるIPアドレスを、プロクシサーバを利用することで隠すもので、数秒おきにプロクシサーバを切り替えて接続するという。

架空請求やフィッシング詐欺などの不正行為を目的とした有害サイトによるIPアドレスの悪用や、サイト巡回パターンの追跡などを防ぐことができる。

また、SSLを利用するサイトやFTPでも匿名で利用できる機能や、クッキー、インターネットの履歴、メッセンジャーの会話履歴など、200以上の痕跡を抹消する機能も搭載した。価格は6090円。

(Security NEXT - 2006/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス