Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

匿名で電子商取引を行えるシステムを開発 - 東大先端科学技術センターら

ディー・ディー・エス、ソルコム、東京大学先端科学技術センターらは、「匿名による電子商取引を行うための認証アルゴリズム」を開発した。

今回発表されたシステムは、個人情報の受け渡しを行わず、販売を完了できるもの。経済産業省から委託された「新世代情報セキュリティ研究開発事業」として、2005年12月から開発に取り組んでおり、同省へ中間報告を完了したという。

同システムでは、決済機関が暗号化された商品購入鍵を発行し、それらを受け渡しすることで、個人情報の受け渡しを行わずに商取引を行うため、個人情報の受け渡しの必要が発生しないという。

具体的には、電子商取引において、決済機関が暗号化された商品購入鍵を発行し、さらに携帯端末で商品購入鍵を乱数化して匿名化を実施。認証局が購入者の携帯端末であるか保証した上で、購入者は匿名化された商品購入鍵を販売者に渡すことで、購入申し込みを完了する。販売者は匿名化された商品購入鍵を検証した上で購入者へ販売、決済会社経由で金銭を受領する。

今後は、東京大学先端科学技術センターとソルコムが「暗号通信プロトコルの実装」「各構成機器のアプリケーション開発」、「アクセス制御基盤の実装」を行い、匿名性、安全性を実証を行う予定。

(Security NEXT - 2006/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に