Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

匿名で電子商取引を行えるシステムを開発 - 東大先端科学技術センターら

ディー・ディー・エス、ソルコム、東京大学先端科学技術センターらは、「匿名による電子商取引を行うための認証アルゴリズム」を開発した。

今回発表されたシステムは、個人情報の受け渡しを行わず、販売を完了できるもの。経済産業省から委託された「新世代情報セキュリティ研究開発事業」として、2005年12月から開発に取り組んでおり、同省へ中間報告を完了したという。

同システムでは、決済機関が暗号化された商品購入鍵を発行し、それらを受け渡しすることで、個人情報の受け渡しを行わずに商取引を行うため、個人情報の受け渡しの必要が発生しないという。

具体的には、電子商取引において、決済機関が暗号化された商品購入鍵を発行し、さらに携帯端末で商品購入鍵を乱数化して匿名化を実施。認証局が購入者の携帯端末であるか保証した上で、購入者は匿名化された商品購入鍵を販売者に渡すことで、購入申し込みを完了する。販売者は匿名化された商品購入鍵を検証した上で購入者へ販売、決済会社経由で金銭を受領する。

今後は、東京大学先端科学技術センターとソルコムが「暗号通信プロトコルの実装」「各構成機器のアプリケーション開発」、「アクセス制御基盤の実装」を行い、匿名性、安全性を実証を行う予定。

(Security NEXT - 2006/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ