Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺サイトが1年間で約7倍に増加

ワンクリック詐欺サイトの数が1年間で約7倍に増加したことがわかった。URLフィルタリング製品などの開発を手がけるネットスターの調査により明らかとなったもの。

同社では、ワンクリック詐欺サイトを「違法と思われる行為」として分類、調査を進めているが、2004年から2005年の1年間で登録された「ワンクリック詐欺サイト」の数が約7倍へ増加したことが統計でわかったという。それらサイトへ誘導するURLも多数存在しているのではないかと同社では予測している。

また同社では、家庭の保護者を対象とした調査を3月に実施。その結果、「ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺などの悪質サイトへの接続が心配」という回答が8割を超え、子供がアダルトや出会い系サイトなどへの不安を押さえ、トップだったこともわかったという。

(Security NEXT - 2006/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず