Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

西京信金、委託先による領収はがきの印刷ミスで顧客情報を流出

西京信用金庫は、委託先が領収証書を作成した際、一部に印刷のずれが発生し、本来印刷されるべきでない他顧客の個人情報が印刷された状態で受領証を郵送したと発表した。

流出したのは、4月20日に「申告所得税」を自動振替で納付した顧客3487名のうち428名のカナ氏名と住所。送付したそれぞれの領収証に他の顧客1名の情報が記載された状態で送付したという。

顧客の指摘により5月1日に判明したもので、委託先である信金東京共同事務センター事業組合の印刷ミスが原因だった。同組合では事故当時、テスト印刷の際にチェックを行っておらず、用紙のセット方法を誤ったまま印刷したという。

同金庫では、流出の対象となった顧客を個別に訪問して事実説明と謝罪をするとともに、領収証書の交換を行った。また、委託先に対しチェックの強化を要請したとしている。

(Security NEXT - 2006/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正