Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDS、アプリケーション内蔵の指紋認証キー発売

ディー・ディー・エスは、指紋の画像ではなく特徴情報を登録して本人認証を行うUSBメモリ型指紋認証ユニット「UBF-mini」を6月15日より発売する。

同製品は、OSや業務システムへのログオン時に、指紋による本人認証を行うUSBキー。指紋の画像ではなく凹凸などの特徴を照合して認証する「周波数解析法」を採用した。

同方法は、名古屋工業大学大学院の梅崎太造教授と同社が共同で開発したもので、同社では、指紋登録率を100%としている。

指紋の登録、照合を行うアプリケーションや、登録者の指紋情報などは本体のメモリに内蔵される。価格は、1ユニット2万4150円。

(Security NEXT - 2006/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社