Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で1093名のアドレスを流出 - ツカサ都心開発

ツカサ都心開発は、イベント案内メールを送信する際、誤って1093名分のメールアドレスが表示された状態で送ったことを公表した。

誤送信したのは、会員向けのイベント案内メール。誤って会員1093名分のアドレスが表示された状態で送ったという。同社では、同メールを受信した会員に対し、謝罪するとともにメールの削除を依頼した。

同社では、メール配信の際のセキュリティチェックを実施するとともに、個人情報の管理やメールの取り扱いなどについての社員教育を徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション