Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正操作PCをネットワークから切断して情報漏洩を防止 - NTT東日本

NTT東日本は、社内ネットワーク上にあるパソコンの操作ログを収集し、不正操作があった場合には即座に切断して情報漏洩を防止する「不正操作制御ソリューション」を、5月8日より発売する。

同ソリューションは、社内ネットワーク上にある全パソコンの操作ログをリアルタイムに収集し、社内規定で禁止した操作があった場合には即座にネットワークから切断して、情報漏洩などを未然に防ぐ製品。ファイルへのアクセスやメール送受信、インターネットといった操作のほか、使用禁止ソフトの起動なども検知する。

また、禁止ルールの管理やルール変更時の設定などをサーバ側で行うため、システム管理者の負担が軽減される。価格は、300クライアント当たり900万円が標準となっているが、具体的な価格は個別見積もりとなっている。

(Security NEXT - 2006/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も