Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正操作PCをネットワークから切断して情報漏洩を防止 - NTT東日本

NTT東日本は、社内ネットワーク上にあるパソコンの操作ログを収集し、不正操作があった場合には即座に切断して情報漏洩を防止する「不正操作制御ソリューション」を、5月8日より発売する。

同ソリューションは、社内ネットワーク上にある全パソコンの操作ログをリアルタイムに収集し、社内規定で禁止した操作があった場合には即座にネットワークから切断して、情報漏洩などを未然に防ぐ製品。ファイルへのアクセスやメール送受信、インターネットといった操作のほか、使用禁止ソフトの起動なども検知する。

また、禁止ルールの管理やルール変更時の設定などをサーバ側で行うため、システム管理者の負担が軽減される。価格は、300クライアント当たり900万円が標準となっているが、具体的な価格は個別見積もりとなっている。

(Security NEXT - 2006/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP