Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ九州、顧客情報と社員情報がネット上に流出

NTTドコモ九州は、販売店運営会社の社員私用パソコンがウイルスに感染し、顧客996名と同社の社員41名の個人情報がネット上に流出したと発表した。

流出した情報は、福岡県内のドコモショップ川崎店において、2004年8月から2005年5月の間に扱った顧客996名分の氏名、携帯電話番号、機種名。また、同社社員41名分の氏名およびメールアドレスも含まれるという。

同社では、該当する顧客に対し報告と謝罪をする。今後は、顧客情報の適正管理について指導と監督を強化し、再発防止に向けた安全策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2006/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止