Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISS、中小企業向けネットワーク監視サービスに情報漏えい対策オプションを追加

インターネットセキュリティシステムズは、中小企業向け監視サービス「マネージド プロテクション サービス for SMB」に「情報漏えい対策オプション」を4月3日より追加すると発表した。

「MPS for SMB」は、同社セキュリティ監視センターで24時間体制のリモート監視を実施するサービス。今回追加となる「情報漏えい対策オプション」は、従来サービスとは別に日本固有の「情報漏えい対策オプションシグネチャリスト」を提供する。

同リストでは、「Winny」や「Gnutella」「WinMX」といったP2Pソフト約10種類や有名インスタントメッセンジャー関連約15種類のほか、スパイウェア関連約30種類に対応。同社センターで検知した場合は、メールによる自動通知と自動防御を実現できるという。

(Security NEXT - 2006/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院