Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2割が「ファイル交換ソフト利用経験あり」 - アイシェア

アイシェアは、ファイル交換ソフトに関する意識調査を実施し、その結果を公表した。2006年3月15日から同月17日まで、同社のメール転送サービス「CLUB BBQ」のユーザーを対象に実施。回答数は783名だった。

同調査によれば、ファイル交換ソフトを使用したことがあるかという問いに対し、「過去に使用していた」が19.9%、「現在も使用している」が10.0%で、合わせて29.9%が利用経験があることが判明した。また、使用者のうち18.5%がウイルスに感染した経験があることも明らかになった。

さらに著作権に関する意識調査では、ファイル交換ソフト使用者の21.4%が、著作権で保護されているソフトの交換について「違法とわかっているがやってしまう」と答えた。「ダウンロードができてしまうからやってしまう」と答えた26.3%と合わせると、違法と知りながら交換を行ってしまう利用者が過半数を占めることがわかる。

また、勤め先でのパソコン利用について規定や対策が行われているかという問いに対しては、「誓約書などにより禁止事項がある(25.7%)」「監視機関がある(24.4%)」と制約がある企業は50%を越えた。一方で、「指導はあるがあいまいだ」との回答が31.3%で最も多く、すべて自由になっているとした企業も2割弱に上り、同社では、企業における危機意識の低さが、流出事故の多発につながっているのではないかと分析している。

(Security NEXT - 2006/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
セシール通販サイトに不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大