Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2割が「ファイル交換ソフト利用経験あり」 - アイシェア

アイシェアは、ファイル交換ソフトに関する意識調査を実施し、その結果を公表した。2006年3月15日から同月17日まで、同社のメール転送サービス「CLUB BBQ」のユーザーを対象に実施。回答数は783名だった。

同調査によれば、ファイル交換ソフトを使用したことがあるかという問いに対し、「過去に使用していた」が19.9%、「現在も使用している」が10.0%で、合わせて29.9%が利用経験があることが判明した。また、使用者のうち18.5%がウイルスに感染した経験があることも明らかになった。

さらに著作権に関する意識調査では、ファイル交換ソフト使用者の21.4%が、著作権で保護されているソフトの交換について「違法とわかっているがやってしまう」と答えた。「ダウンロードができてしまうからやってしまう」と答えた26.3%と合わせると、違法と知りながら交換を行ってしまう利用者が過半数を占めることがわかる。

また、勤め先でのパソコン利用について規定や対策が行われているかという問いに対しては、「誓約書などにより禁止事項がある(25.7%)」「監視機関がある(24.4%)」と制約がある企業は50%を越えた。一方で、「指導はあるがあいまいだ」との回答が31.3%で最も多く、すべて自由になっているとした企業も2割弱に上り、同社では、企業における危機意識の低さが、流出事故の多発につながっているのではないかと分析している。

(Security NEXT - 2006/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も