Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyによる流出事故が多発 - トレンドマイクロウイルス感染被害レポート

トレンドマイクロは、2006年2月のウイルス感染被害レポートを発表した。

同社によれば、2月の報告数は6188件で先月から減少したものの、報告数の上位は依然としてスパイウェアが占めている。1位は先月から引き続きスパイウェア「GATOR」で、2位以下を大きく引き離している。これまで被害の中心だった大量メール送信型のワームは減少傾向にあり、今後も大規模感染の可能性はますます低くなるとしている。

また2月は、ファイル共有ソフトを使用しているパソコンからの情報流出が相次いで発生した。ウイルス「ANTINNY」は、当初は自身のコピーを配布するだけだったが、ネットワーク上にパソコン内の情報を流出させる「ANTINNY.G」が2004年3月に登場してからは、特に被害が深刻化しているという。

(Security NEXT - 2006/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院