Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生体認証装置を搭載した省スペース型ATMを発表 - 沖電気

沖電気工業は、省スペース型ATM「CP21X」を開発、4月1日より販売を開始する。

同製品は、コンビニや駅への設置を考慮し、コンパクトなサイズを実現したATM。セキュリティ対策を強化しており、テンキーを遮蔽板で隠すことで暗証番号ののぞき見防止を実現した。

さらに、手のひら静脈や指静脈など生体認証装置の搭載している。非接触ICカードリーダを搭載し、電子マネーなどへ対応可能。また、現金やレシートなどの収容数を増やしたことで、運用コストの削減を期待できるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から