Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カード偽造の防止策は不十分」が64% - 民間調査

凸版印刷は、ICカードや生体認証に対する認知度および使用状況や、金融機関のセキュリティ対策についての意識調査「金融機関のセキュリティとICカードサービスに関する調査」を行い、結果を発表した。

同調査は、2005年11月18日から20日にかけて、関東南部に住む20代から60代の男女416人を対象に実施された。

同調査によれば、従来の磁気カードよりセキュリティが高度とされるICキャッシュカードの利用者は全体の28%だったが、非利用者のうち73%が変更する意志があるとしている。ただし、コスト負担には否定的だった。

一方で、カード偽造の防止策が不十分と感じる利用者は64%と高く、偽造犯罪への対策や被害に対する補償を金融機関や関連団体が行うべきと考える利用者は80%以上に上った。

生体認証の認知度は、90%弱まで情報しており、「セキュリティ性が高い」というイメージが強い。認知度を認証方法別に見ると、指紋が最も高く、虹彩、手のひら静脈と続く。また、「特に抵抗を感じるものはない」が約7割を占め、抵抗感が低いことがうかがえる。

(Security NEXT - 2006/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割