Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪意あるソフトをダウンロードする「Sober.Z@mm」に注意

マイクロソフトは、大量メール送信型ワーム「Sober」の亜種「Sober.Z@mm」に注意するよう呼びかけている。

「Sober.Z@mm」は、電子メールの添付ファイルで感染するワーム。感染するとシステムのアドレス帳のアドレスへコピーを送りつけるもの。マイクロソフトによれば、同亜種は、1月6日に悪意あるソフトウェアをダウンロードし、実行するようプログラムされており、その後も数週間ごとに複数のサイトからソフトウェアのダウンロードに試みるという。

同社では、「Sober」の亜種を検出できるツール「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を2005年12月に公開しており、同亜種を駆除することが可能。さらに1月11日に同ツールの更新を行う予定。

(Security NEXT - 2006/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ