Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護条例の制定市町村は99.6% - 総務省

総務省は、10月1日時点における地方公共団体個人情報保護条例やセキュリティポリシーの制定状況を公表した。

7月時点で25の市町村において個人情報保護条例が未制定だったが、10月1日までに15市町村が個人情報保護条例を制定。99.6%の市町村で制定済みとなった。さらに、12月までに4市町村が制定しており、同省では、今年度中に100%に達するとしている。なお、都道府県では、以前より条例、およびセキュリティポリシーが制定済みとなっている。

セキュリティポリシーについては、2239市町村中の2105団体(94.0%)が策定。同省では、電子自治体構築に必要不可欠としており、策定を促進したいとしている。

(Security NEXT - 2005/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送