Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護条例の制定市町村は99.6% - 総務省

総務省は、10月1日時点における地方公共団体個人情報保護条例やセキュリティポリシーの制定状況を公表した。

7月時点で25の市町村において個人情報保護条例が未制定だったが、10月1日までに15市町村が個人情報保護条例を制定。99.6%の市町村で制定済みとなった。さらに、12月までに4市町村が制定しており、同省では、今年度中に100%に達するとしている。なお、都道府県では、以前より条例、およびセキュリティポリシーが制定済みとなっている。

セキュリティポリシーについては、2239市町村中の2105団体(94.0%)が策定。同省では、電子自治体構築に必要不可欠としており、策定を促進したいとしている。

(Security NEXT - 2005/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス