Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDDを監視してデータ消失を未然に防ぐ復元ソフト - ジャングル

ジャングルは、誤って削除されたデータを復元するソフト「完全復元PRO2006」を11月18日より発売する。メール復元ソフト、またはファイル抹消ソフトを同梱した特別セットも同時発売される。

価格は1万3440円。Outlook Expressメールの復元ソフト「完全メール復元」を同梱した特別セットは1万4490円。ファイル抹消ソフト「完全ファイル抹消2006」を同梱した特別セットは1万6590円。

同製品は、誤操作や故障、ウイルス感染などにより消えてしまったデータを復元するソフトウェア。OfficeやMPEGなど、約100種類のデータ形式に対応し、ハードディスク内だけでなく、CD-RW、MO、FDなど外部メディア内のデータ復元も可能。また、「クラスタ先読み機能」を採用しており、データを解析と同時に検索を実施、高速の復元を実現したという。

今回、パソコン内に常駐してハードディスクの状態を監視するツール「IntelliSMART」を追加。障害発生を予測し、事前にアラートを表示することで、データ消失トラブルが未然に防げるとしている。

(Security NEXT - 2005/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず